So-net無料ブログ作成
検索選択

オオムラサキ [虫]

7月に入ったとたん、猛烈に蒸し暑くなりました。嵐山町のお隣、小川町ではオオムラサキを保護飼育していて、放蝶会があるというので、行ってみました。予想通り、雑木林の中は人でいっぱいでした〜オオムラサキ、やっぱりほんとに美しい蝶です〜
プッチーニ作曲 オペラ「蝶々夫人」より♪ハミングコーラス♪

余談です。一番好きな「蝶々夫人」、最初はTVで見ましたが、DVDが出ました。2題入ってますが、好きなのは八千草薫主演のオペラ映画の方です〜実際の舞台も含めて、TV、DVDなど、今までにたくさんの「蝶々夫人」を視聴しました。音楽の一部カットなど、ちょっと不満もありますけど、このオペラ映画が最高だと思います。八千草薫の蝶々さんがとにかくすばらしいです。次は新国立劇場の公演でしょうか。
蝶々夫人 MADAMA BUTTERFLY - DVD決定盤オペラ名作鑑賞シリーズ 8 (DVD2枚付きケース入り) プッチーニ作曲


優しい時間「蝶々夫人」撮影での興味深いエピソードが語られています。







メモ:関連記事
蝶々夫人舞台収録映像スカラ座1986年
新国立劇場の蝶々夫人2番目の新演出
舞台収録映像:虫の蝶々夫人?!
オペラの子役
八千草薫主演のオペラ映画「蝶々夫人」
オペラ映画「蝶々夫人」のスズキ役 田中路子
コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 10

蝦蛄代表

ウィンターコスモスさん、こんばんは~。

虫は得意じゃありませんが、このオオムラサキという
チョウチョは本当にキレイですねぇ。
あの紫というか深青と言うか見事です(^^)v
by 蝦蛄代表 (2017-07-03 22:15) 

ゆき

オオムラサキの♂も♀も綺麗に撮れています。
抜けた背景のオオムラサキ、美しくほんとに素晴らしいですねぇ。
小川町の放蝶会の事は以前ここへカタクリ&ニリンソウを
撮りに行ったとき耳にしたのです。
いつか、是非にわたしも、このようなシーンに遭遇したいです。
by ゆき (2017-07-03 22:33) 

白竜 (はく りゅう)

こんばんは!
オオムラサキ・・・国蝶ですよね。 未見です!
綺麗ですね!ヽ(^^)丿
特に、青く光る翅と、目一杯に開いた翅が綺麗で、タイミングを見計らって 動画をクリックして画像を止め、 見入りました!
最後の2頭が並んだのも 良かったです!♪(^^) 

by 白竜 (はく りゅう) (2017-07-04 01:32) 

euridice

蝦蛄さん、おはようございます〜

そうですね!
いつも思うのですけど、和服の雰囲気の色合い、
こういう自然の色彩に昔の人たちが
影響を受けてきたのでしょうね。
外来種に感じる違和感もそういうことかな?って思います。
by euridice (2017-07-04 07:49) 

euridice

ゆきさん、おはようございます。
ここはカタクリの群生地なんですね。
ニリンソウも咲くんですか〜

7月の第一日曜日が放蝶会だそうです。
主にこどもたちのためなので、日曜日なんでしょうね〜


by euridice (2017-07-04 07:51) 

euridice

白竜さん、おはようございます!
つい最近蝶の里公園で教えてくださる方がいらっしゃって
いいタイミングでした。
蝶の里では全開はなかなか見られません。
放蝶会なので、近くで全開が簡単に見られるわけです。
今年は28回目で、210頭、放蝶されたそうです。
by euridice (2017-07-04 07:57) 

とりこ

放チョウ会にいらっしゃったのですね
こんな機会に行かれれば、必ず見られるみたいで良いな~
オオムラサキは国蝶なのに絶滅危惧種になりそうなのでしょう

こんなに警戒心が薄いように(見える)優雅にっとんでたら、敵に狙われやすいなあ
一度見た事ありますが、動画撮影は一番良いですね~
うっとりです
by とりこ (2017-07-04 11:16) 

euridice

とりこさん、こんにちは
近隣では保護している場所以外では
まず見られないですね〜

放蝶会なのでこういう状態なのでしょう〜
動画も写真も人の隙間から〜でした。
by euridice (2017-07-04 14:10) 

白竜 (はく りゅう)

こんばんは!
音楽も演劇も お詳しいのですね!
八千草薫さんのファンですか?
まだ お元気だったとは! ビックリです!(^○^)
by 白竜 (はく りゅう) (2017-07-05 00:57) 

euridice

白竜さん、おはようございます!
八千草薫さんのファンというほどではないですけど
ほんと美しい方だと思います。
まだお元気のようですね〜
オペラ鑑賞にはまっていた頃、
八千草薫主演の「蝶々夫人」を偶然TVで見て
その美しさを認識しました。映画は1955年制作で
見たのは今から十数年前ですから遅い認識でした〜

紹介のDVDに入っているもうひとつの蝶々夫人は舞台収録で、主演のソプラノ林康子さんは高松出身で、私の友人の先輩だそうです。お世辞にも美しいとは言えません^o^)/けど
オペラ界では高名なソプラノです。

by euridice (2017-07-05 07:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。